IP INFORMATION

知財情報

AOYAMA & PARTNERS continues to strive in delivering the superior services to the clients in the world.

2016.06.13
特許・実案 北米・オセアニア レクチャ
フォローアップ:米国IPRに関する最近の動向

米国のIPR(当事者系レビュー)に関する最近の動向について、所員向けにフォローアップミーティングを開催した。

IPRが、運用開始から現在もダイナミックに変動している中で、審理が一旦開始すると相当な確率で特許が無効化されている現状について、主に補正の制限とクレーム解釈(BRI)の観点から検討を行った。上記の現状に鑑みて、所員各自が特に出願業務の時点から留意すべきことを共通認識として確認した。

<目次>

(1) PTABが公表した統計について

(2) クレーム補正について

(3) 規則改正の動向

(4) IPRに関する最近の注目審決/判決

 

プレゼンテーション資料はこちら

ARCHIVE