相談役

青山 葆Tamotsu AOYAMA

相談役

分野:特許/法務
技術:ライフサイエンス
所属:大阪オフィス

私は京都大学医学部薬学科卒業後、塩野義製薬株式会社に入社。特許部門に配属され、出願や管理業務に携わりながら、大阪市立大学(夜間)で法律を学びました。弁理士試験合格後、たまたま起こった医薬品の製法特許に対する迂回発明を巡る裁判で、高名な弁護士先生方のお手伝いをする機会を与えられ、貴重な訴訟経験を積んだことが、後年、特許事務所を開設する遠因となりました。この裁判を通して企業における特許制度の重要性が改めて認識されたことから、裁判終了後、米国特許実務の研修を命ぜられ、Washington, D.C.に滞在し(1961年4~9月)、当地の特許事務所と特許庁で実務研修を受ける機会に恵まれ、特許制度の本質や国際性をより現実のものとして理解するようになりました。会社に11年間勤務した後、特許事務所を設立し(1965年9月)、爾来、半世紀に亘り知財業界でさまざまな実務経験を重ねてまいりました。クライエントのご要望に対し、常に謙虚に誠実に、しかも積極性をもって対応できるよう、自己研鑽に努めておりますが、未だ「日暮れてなお道遠し」の感を禁じ得ません。

受賞歴:弁理士制度90周年記念式典特別功労 (1989)、弁理士会永年功労表彰 (1991)、黄綬褒章受章(弁理士業務功労) (1999)

主な取扱分野

医薬、食品、バイオテクノロジー、有機化学、無機化学

会員・資格・役職等

1957年 弁理士登録
日本工業所有権法学会 会員
日本薬学会 会員
薬剤師

学歴・職歴

京都大学医学部薬学科卒業 (1954)
大阪市立大学法学部卒業 (1959)
塩野義製薬株式会社 (1954-1965)
青山特許事務所 (1965-)

主な公職

日本弁理士会
  ・常議員 (1968-1970)
  ・国際活動委員会 委員 (1970-1971)
  ・近畿地方委員会 委員 (1981-1983)
  ・外国弁護士対策委員会 委員(1983-1984)
  ・会館特別委員会 委員 (1985-1986)
  ・審査委員会 委員 (1986)
  ・弁理士報酬制度検討委員会 委員 (1993-1994)
  ・知的財産問題検討委員会 委員 (1998-1999)    等 歴任
世界知的所有権機関(WIPO) 仲裁センター仲裁人 (1994)
特許庁 弁理士審査会 委員 (1996-1998)
日本国際工業所有権保護協会 理事 (1977-2002)
比較法研究センター 理事 (1988-2002)
奈良先端科学技術大学院大学 客員教授 (1999-2008)

海外研修

米国 Wenderoth, Lind & Ponack, L.L.P. (1961)
USPTO Patent Academy (1961)

著作・論文等

「装置の利用と発明性」、別冊ジュリスト特許判例百選第2版、有斐閣 (1985)
「国際特許侵害訴訟」監修(青山葆, 佐藤義彦)、比較法研究センター編、法研出版 (1991)
「国際特許侵害 特許紛争処理の比較法的検討」編著(青山葆, 木棚照一)、東京布井出版 (1996)
「知的財産権 1 特許・実用新案・意匠・商標」編著(辰巳直彦, 青山葆, 後藤晴男)、三省堂 (1996)
「知的財産権 2 著作権・回路配置利用権」編著(辰巳直彦, 青山葆)、三省堂 (1996)
「AIPPI ウィーン執行委員会報告 議題130:特許期間の延長―種々の概念」、AIPPI、42-8 (1997)
「技術革新と国際特許訴訟 : 国際特許紛争処理の知財戦略」、比較法研究センター、東京布井出版 (2003)

講演・セミナー

外国特許法制とその実務について
日本特許協会研修部講師 (1965-1990)
日本弁理士会、発明協会、日刊工業新聞、比較法研究センター等主催セミナー講師 (1965-2005)
日本特許法制とその実務について
European Study Conference Limited 主催セミナー講師:
・Cannes Conference:「Patent Protection of Chemical and Pharmaceutical Inventions in Japan」 (1976)
・Amsterdam Conference:「How to draft Japanese Patent Application in Chemical Field」および「Enforcement of Patent Right in Japan」 (1979)
・Zurich Conference:「Japanese Patent Protection on Microbiological Invention and Genetic Engineering」 (1981)
・London Conference:「Recent Patent Office Practice in Japan」および「Japanese Claim Interpretation and Patent Litigation practice in the Chemical Field」 (1984)
AIPLA Chemical Practice Committee 主催セミナー講師:
・Cerromar Beach Seminar:「Biotechnology Inventions and Their Patent Protection in Japan」 (1985)
外国特許事務所主催セミナー講師:Munchen (1974)、Helsinki (1987)など

その他

発明協会:知的所有権研修「特許権侵害訴訟(化学)事例研究」 (2002)
大阪弁護士会:研修会「出願から登録までの手続きについて-特に補正と訴訟との関連について」 (2005)
関西学院大学:「連携講座010 イノベーション政策論-産業の創出と知的財産」知的財産概論3 (2010-2011)
企業における知財講師経験あり